BE-18 呉須赤絵誰が袖 向付

BE-18 呉須赤絵誰が袖 向付
BE-18 呉須赤絵誰が袖 向付

呉須赤絵
古代中国の明時代の末期に、呉州で焼かれていた赤絵が京都の茶人に愛され、日本人の好みに合わせて作られたのが呉須赤絵といわれています。赤の濃淡と筆力が腕の見せ所であり、鳳凰や牡丹などの文様は、お祝いなどに喜ばれる大変おめでたい絵柄です。

¥6,600 (税込)

数量

カテゴリー:,

【BE-18】呉須赤絵誰が袖 向付
入数:1個
サイズ:13.5×11×3.5cm
箱仕様:トムソン箱